体の調子が悪い時やケガをした時。
病院に行った場合、何の検査もなくいきなり手術は出来ません。

じつは建物も同じなのですが、現状は雨漏りという建物の不調をきたした場合、
多くの場面でいきなり手術(補修)をして、関係ない所を直したり、その為に雨漏りが止まらなかったという場面がよくあります。

そんな時は建物のレントゲン技師、雨漏りドクターの赤外線サーモグラフィーを用いた雨漏り診断をお勧めいたします。

雨漏りによる建物の水分の侵入を赤外線サーモグラフィーにより視覚化する事により、適切な雨水進入箇所が把握でき、雨漏り補修対策(手術)をお手伝いする事が可能です。

 

他社の追随を許さない高度な診断

赤外線診断で最も重要な事は、赤外線で示される低温部の後ろに水分があるか否かを判断する事です

弊社は独自の解析方法を用いて赤外線画像データをパターン化し、過去のデータからの水分の場合のパターン化されたものに一定の条件のもと当てはめ、水分の有無の根拠をつかむ手法で他社の追随を許さない高度な診断解析を行っております。

 

弊社の特徴

  • 独自の解析方法とデータ分析力
  • 独自の研究データをもとにした、水分滞留のパターン化
  • 防水工事専門業者として培ったノウハウと知識
  • 解り易い赤外線画像を中心とした報告書

他社との違い

  • 「工事受注ありきの診断」ではなく、診断のみでの受注が基本
  • 見積もり範囲内であれば見積もり代金のみの明瞭会計
  • 診断専門だから赤外線画像に根拠がある

 

赤外線雨漏り診断は赤外線サーモグラフィーというカメラを用いて、物体の温度を色分けをして見える化し、その温度差を利用して雨漏れ部位を特定したりすることが可能です。

当然カメラによる撮影ですので、お客様の建物を気付付けることなく診断が可能です。雨漏れによる雨水の侵入を早期に発見し対応する事で、建物の老朽化や様々なトラブルを未然に防いでくれます。

その為、お客様の大切な建物の未来の為にも、第三者認証機関が認証する雨漏り診断をお役立て頂く事をお勧めします。

 

赤外線サーモグラフィーとは

対象物から放射される赤外線放射電磁波を温度分布に振り分け色により可視化することです。

なぜ赤外線を使うの?

赤外線は物体の表面温度を可視化するカメラです。
壁内界面に水分が滞留していると水分自体の低温と、蒸発する際の気化熱を物体から奪うため物体の温度が滞留部のみ冷たくなるという現象を使い診断いたします。
しかし、滞留部と健全部の温度差は1℃程度と微差の為、それを計れるカメラと診断技術が要求されます。

赤外線診断のメリット

1.非破壊調査

基本的に外壁・屋根・内壁等を剥がしませんので別途追加料金等の心配がございません。

2.調査期間短縮

解体や復旧作業が無く、基本的な戸建ての現地調査であれば4~5時間程度で完了(報告書は後日提出)

3.足場設置不要

遠隔撮影調査なので足場は不要です。(狭地等では撮影接写角度が確保できない場合は高所作業車等を使用する事があります。)

4.科学的調査

長期間雨が降らず、乾いていると感じられる状態でも、相当の確率で水分の滞留が確認できます。

5.工事範囲特定

余計な部分を解体せず調査可能、複合的な要因の場合は優先順位を付けた施工計画が可能です。

赤外線診断のデメリット

気象条件に影響を受けるため、低気温・雨・雪・強風時には調査ができません。

赤外線画像は見える化できて非常に解り易い反面、撮影の仕方や、解析の仕方を誤ると間違った診断や、ねつ造した画像を作ることもできてしまいます。
その為、必ず依頼する時は、しっかりとした業者に依頼する事が重要となります。

contact_txt